Pocket

副業で成功の道!やってはいけない5パターン 

 
僕は美容師をしながらネットビジネスをしているので
 
はっきり言って使える時間が少ないわけですが
 
5つの悪習慣を改善することで
意図的に時間を生み出してます。
 
 
美容師でなくとも、仕事をしながら
ネットビジネスを実践していくには
時間を作り出す必要があります。
 
 
無意識にやってしまってる
最悪な習慣を5つ解説していきます。
 
 
 
 

1、残業しない

 
残業って意味あると思いますか?
効率化を突き詰めれば
労働時間を短縮しても
前以上の結果を出すことって可能です。
 
自分の時間を作るためには
仕事から早く帰る必要がありますよね
 
これを見てるあなたは
相当な向上心を持っていると
思います。
 
でなければこの記事には
たどり着かないでしょう。
 
だとすると仕事の効率化
はすでに考えているかもしれません。
 
僕の場合でいうと美容師ですが
もともと働いていた環境から
ネットビジネスに時間のシェアを
当てるために職場を変えました。
 
今は以前に比べれば圧倒的に
時間が作れてますし
 
働く時間を短縮して
以前よりも稼いでます。
 
もちろんネットビジネスで学んだことを
全力で落とし込んでます。
 
「会社の為に時間を使うのか?」
「自分の人生のために時間を使うのか?」
 
自分のビジネスの仕組みを作るために
時間を使った方があなたの人生にとって
重要だと思いませんか?
 
これをしっかりと
自分に問いただす必要があります。
 
時間を作ること、効率化することで
必ず自分の時間を作り出すことが出来ます。
 
 
時間=命です。
 
大切に使いましょう。
 
 
 
 
 
 

2、飲み会に行かない

 
よくありますよね。
誰が悪いとかの愚痴大会が
繰り広げられるやつです。
 
 
僕はそんなにお酒が強くないって
いうのもありますが笑
ほぼ飲みにいきません。
 
 
ただでさえ時間が限られてます。
 
今の一時的な快楽よりも
人生の内のたった半年、1年を本気で
ネットビジネスの仕組みを作るために
使った方が効率がいいと考えてるからです。
 
 
そして飲みに行かず浮いたお金は
ビジネスに投資してきました。
 
パソコン環境やツール、教材や塾、コンサル
など惜しみなく使ってきました。
 
 
今まで自己投資した場合
しっかり実践さえすれば必ず、
大きな収入になってリターンしてきたからです。
 
「自分のまわりの5人の収入を
足して5で割ると自分の収入になる」
 
という話があります。
 
 
飲み会に行ってる人がいる裏には
行かずに頑張ってる人がいます。
 
当たり前ですが
その差は後に圧倒的な差になります。
 
あなたが理想としいる自分は
飲みにいって愚痴ってる自分ですか?
 
それとも裏で頑張ってあとで笑ってる自分ですか?
 
 

3、愚痴大会はスルーする

 
 
愚痴というのは言ってる自分のマインドも
下がりますし、
 
そのマインドで生活してると
自分に返ってくるものです。
 
そうゆうのは参加せずに
 
「だったらどうするか?」
 
を常に自分に質問して
答えを探す努力をする方が
きっとあなたのためになるはずです。
 
 

4、貧乏マインドは聞かない

 
会社に雇われている状態は
会社にとって都合のいい状態を
よしとするわけです。
 
副業で自分のビジネスを成功させるためには
自分に軸を置く必要があります。
 
何か言われた時に
「それは会社のためか?」
「自分の人生に必要なことか?」
 
見定める必要があります。
 

5、自分に軸を置くとは?

 
 
サラリーマンマインドではなく
経営者マインドを自分に身につけ
判断する必要があるわけです。
 
もちろん会社に属している以上
全てシカトしたらそれはクビになるので笑
 
会社にいる以上するべきことは
当然やるべきですが
 
それを踏まえた上で
自分に軸をしっかり置いて
判断する。
 
サラリーマン思考のブロックを外して
経営者思考を身につけ
 
そのフィルターを通した時に
これ以上やる必要があるのかの
ボーダーラインを見極めるということです。
 
 

ビジネスは価値を提供した対価である

 
 
・なぜ自分はこの会社でお給料がもらえてるのか?
・誰がお給料を払ってるのか?
・会社の売り上げの何パーセントが自分のお給料になってるのか?
・なぜお給料が簡単に上がらないのか?
・社長はなぜ自分よりも稼いでいるのか?
・なぜ社長よりも稼ぐことはできないのか?
 
 
お給料をいただく側と支払う側の違いについて
考える必要があります。
 
社長が提供できる価値と
従業員である自分が提供できる価値の
大きさが圧倒的に違いますよね?
 
こうゆうことを考えることで
自分の会社におけるポジションを
見極める材料になります。