Pocket

マズローの欲求5段階説でターゲットを絞る

 
コンセプトを決めて行くには
ターゲットを絞る必要があります。
 
こんなときは
先人の知恵を知ることで
物事の本質を捉えるヒントに
なります。
 
世の中には先人の知恵が
凝縮された法則がいくつも
存在するわけですが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その中にアブラハム・マズロー
というアメリカ心理学者の
 
「マズローの5段階欲求説」
という法則があるので
 
やみくもに考える前にこの法則を使って
ターゲットが日々何を意識してるのかを
見てみましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この図は人間の欲求が
どのような順番で変化していくのか?
を表してます。
 
階層を1つ1つ見ながら
その階層にいる人はどんな
事を考えているかを知り
 
「ターゲットがどんな言葉に響くのか?」
 
を知ることができます。
 
 

1段階層→生理的欲求

 
生理的欲求は
「食べたい、寝たい、生きたい」
 
のような欲求です
 
この段階は生活保護も受けれるし、
日本では数少ない状況と言えます。
 

2段階層→安全欲求

 
安全欲求は安心安全に生活できるか?
 
例えば
「バイトから正社員になりたい」
 
のように継続的に収入があり
食べ物に困らずに安定的に
過ごせそうだ。
 
みたいなことです。
 
一流企業でもクビあったり
今の会社にいても
将来的にどうなるか分からない
という不安でネットビジネスの
門をたたく人も多いはずです。
 
 

3段階層→社会的欲求

 
社会的欲求は
・人に必要とされたい
・仲間に属したい
・愛されたい
 
 
など、チームを作ったり
会社に属したり
ラインでグループを作ったり
仲間の一員であることで
満たされる欲求です。
 
ある程度収入もあり、
住むところも安定すると
仲間や恋人が欲しくなる
ということです。
 
ネットビジネスで塾のような
サービスは仲間がいるから頑張れる
のようなコピーがセールスレターにあったり
しますよね。
 
 

4段階層→尊厳欲求

 
尊厳欲求は承認欲求でもあります。
「地位や名誉、注目を浴びたい」
 
・副業で稼いで周りを見返したい
・稼いで同年代の周りよりも上に行きたい
 
などのような認められたい欲求です。
 
人に評価してもらえたり
共感してもらうには
価値を提供するのはもちろんですが
 
インターネットで言えば
自分のメディア媒体が必要です。
 
何もなければ
ネット上に存在しないのと同じ。
 
情報発信するということは
まず知ってもらうことから
始まります。
 
 

5段階層→自己実現欲求

 
自己実現欲求は
自分が心から望んでいるライフスタイル
を実際に実現していく階層です。
 
マズローの欲求5段階は
この階層にたどり着くために
行動していくものとされてます。
 
更にこの上に6段階層目があり
自己超越欲求と言って
 
見返りを全く求めず自分も他人も
幸せにしたいというマザーテレサ
のような状態を指します。
 

マズローの欲求5段階説×情報発信

 
ネットビジネスで情報発信していくにあたって
 
このマズローの欲求5段階のピラミッド
を知ることで、自分の今のポジションを俯瞰的に
みることができ、
 
自分に
・何が足りないか?
・何を満たしたいのか?
・何を満たしてきたのか?
 
を考える事もできますし、
 
ターゲットは
「何を不安に思いどうなりたいのか?」
を導き出すきっかけを掴むことも
できるわけです。
 
ビジネスは相手の悩みを
解決することでもあります。
 
悩みが多ければ多いほど
深ければ深いほど
 
需要があるので
相手のことを深く知り
しっかりターゲットを
絞っていきましょう。