Pocket

コンセプトのセンターピンをブラさない

 
ブランディングという言葉を
聞いたことはあるかと思いますが
 
「ブランディングを意識して
行動してますか?」
 
となるとどうでしょうか?
 
ブランディングを意識して
行動することで
その後のマーケティングが
しやすくなります。
 

ブランディングとは?

 
ブランディングとは
 
・スタバはオシャレ
・アップルのmacはオシャレでかっこいい
・made in japanは安心
のように
 
大多数の人に
共通のイメージを認識させることです。
 
 
非常に重要な概念なので
例をあげて分かりやすく解説
していきます。
 
 
ブランディングをしていくには
まずコンセプトが必要です。
 
ビジネスでのコンセプトとは、
 
「誰が、誰に、何を、どのように伝えるか」
を指します。
 
 
例えば
僕は美容師もしてるので
 
【美容師のブランディング】
 
自分が
ペルソナ(ターゲットとする顧客像)に
美容師としての技術・サービス・癒しを価値として
自分のフィルターを通して伝える
 
 
【ネットビジネスのブランディング】
 
自分が
ペルソナ(ターゲットとする顧客像)に
稼ぐ系のマインド、ノウハウを情報の価値として
自分のフィルターを通して伝える
 
 
※ペルソナについては
で詳しく話してますので参考にしてください。
 
 
のように
「誰が、誰に、何を、どのように伝えるか」
を意識することで
 
ブランディングが形成されるわけです。
 
 
そして
お客さんが見ているポイントは
 
コンテンツの性能が
魅力的と感じるか?
 

コンテンツ性能とは?

 
コンテンツの性能とは
内容がいいものかどうか?
です。
 
例えば
あなたが美容室に行くとしたら
基本的に髪を整えに行くわけで
技術やサービスのコンテンツが
圧倒的によければ
 
口コミをしたくなるような
ブランディング力が
生まれます。
 
 
ネットビジネスの
コンテンツも
タメになったりする記事や
レポートや企画サービスなど
コンテンツの性能が判断される
ということです。
 
 

好きなのか?嫌いなのか?

 
好きか嫌いかは
 
「ルイ・ヴィトンの長財布は
あまり好きじゃないけど」
 
「ボッテガ・ヴェネタの長財布は
好きだ」
 
のように感覚的なものが
ありますが
 
好きになってもらうためには
コンセプトメイクをしっかりすることです。
 
 

オリジナル性はあるか?

 
オリジナル性は
商店街に並んでるお店が
全く同じ商品を扱っていて
同じ売り方をしていたら
どこで買ってもいいですよね?
 
こうなると大抵安いほど良しと
なりがちですが
 
例えばその商品が服や靴だとします。
 
何かそのお店ならではの
独自特典や
 
ノベルティや特典がほしくてそのお店に来店する
のようなオリジナル性があると
そのお店にいく理由ができますよね。
 
そのお店の店員さんが好きで
その定員さんから買いたいというのも
あります。
 
「独自のフィルターを通して」
店員さん自身の経験や体系にあった
着こなしの組み合わせで
「めっちゃかっこいい」
のような付加価値を提供してくれたら
僕はそこで買うかもしれません笑
 

パクルときはポイントを見極める

 
情報ビジネスにおけるコンテンツで
 
オリジナル性を出すには
 
何といっても自分のフィルターを
通すことです。
 
よくなんでも最初はパクリまくれと
ありますがパクる場所は
コンテンツの意図を抽象化して
枠組みをパクルのがいいです。
 
サル真似過ぎては
商店街で同じ商品をただ並べてるだけに
過ぎません。
 
それでは、オリジナル性の高いコンテンツにならず
ブランディングにならないのです。
 
そして、上質なコンテンツを作るには
上質なインプットをしましょう。
 
上質なインプットをして、それを
自分の過去の経験や知識、自分自身という
フィルターを通すことで
 
オリジナルコンテンツがいくらでも
量産できるようになります。
 
 
ということで
ブレない情報発信していくために
ブランディングを意識することで
 
よりよいコンテンツを
作っていけると思います。
 
ただ、ブランディングは
最初から完璧なものはむずかしいので
 
徐々にブラッシュアップしていけば
いいと思います。
 
最初から完璧を求めず
手が止まってしまうのだけは
気をつけてガンガン行動に移しましょう。